医療法人にしだJクリニック

岸和田市|内科・ペインクリニック・リハビリテーション科・訪問診療・訪問看護・在宅ホスピス

ご予約・お問い合わせ/tel:072-448-6644

DIARY2

その52平成29年11月8日

どうしてそこまで献身的に出来るのかと思うほど、一生懸命にお父さんの世話をしていた55歳の彼女が、先にがんになった。ずっと前からお父さんを診ていた私は、若い彼女の健康まで気にかけなかったが、それを悔やんだ。すぐ知り合いの専門医に紹介受診してもらったが、間に合わなかった。かなり進行した胃がんだった。

手術にて切除、その後のあらゆる化学療法、精一杯の抗がん治療を病院でしてもらった。抗がん剤を受けた3日後は吐いて食事が出来なくなるので、点滴でアシストした。それでも、お父さんのお世話の手は抜かない。そうやって、3年頑張った。

自分が自分の意志で何とか動けているうちは良かった。そう出来なくなった時、彼女は生きることを放棄した。それまで亭主関白だった夫が家事をしてくれたり、お父さんが嫌がっていた施設に入所してくれたり、彼女に負担をかけずに何とか元気になって欲しいと、みんなが願ったが叶わなかった。

「相続のことや自分の葬儀のことまで段取りしていたのね。貴女が大切にしていたお父さんは88歳になる今も、ご健在ですよ。」天国で安心してくれてるといいな。